商品カテゴリーで選ぶ
ジャンル・グループで選ぶ
浜千鳥のご案内

「私が彩る浜千鳥・四季を感じるお酒に関する詩」コンテスト結果発表!!

この度は、「私が彩る浜千鳥・四季を感じるお酒に関する詩」コンテストにご応募いただきまして、誠にありがとうございました。
今回のコンテストには県内外より700を超える作品のご応募が寄せられました。
選考の結果、各月2作品・計24作品が入選となりました。入選された皆様、おめでとうございます。
なお、入選作品は「2020.12-2021-11  浜千鳥頒布会のラベルデザイン」となります。
<入選作品一覧>
1月 家族愛 笑顔を願い お屠蘇飲む
1月 明けまして 徳利 もひとつ 空けまして
2月 熱燗に 豆の飛び入る 福は内
2月 鬼を外 追い出し内に 福と酒
3月 雪解けの白と透明のキラキラが反射した、手に持つお酒は私を温める まだもう少し冬でもいいかなあ
3月 雛祭り 母娘甘酒 父にごり酒
4月 歓迎会 盃交わす スマホ上
4月 盃に 桜浮かべて 語る恋
5月 父、息子 柱の傷見て 酒交わす
5月 水田鏡 豊穣願う 吟ぎんが
6月 梅雨空に紫陽花見つつひとり酒
6月 父の日に二十歳の息子と泥酔し
7月  涼風(すずかぜ)に 鳴る風鈴と 冷(ひや)の酒
7月  風が吹き もうすぐ会える ふるさとの 家族を想う 夏の匂いかな
8月  友来ると スイカと冷やす 一升瓶
8月  冷や酒が思い出語る盆帰り
9月  今夜は好きなつまみを用意しておくから、月を眺めて一緒に飲みましょう
9月  中秋のうさぎと交わす月見酒
10月 笛太鼓聞こえてはずむ飲む酒よ
10月 虎の舞い ささ(酒)につられて 千鳥足
11月 寒空も 想うには良し 一人酒
11月 秋深む少し熱めの燗にする
12月 冬至美酒 家族円満 舌づつみ
12月 故郷へ帰る 山を抜け 墨と和紙との 雪景色 水と筆との 海模様 暖かい白よ 透く青よ
コメント