商品カテゴリーで選ぶ
ジャンル・グループで選ぶ
浜千鳥のご案内

仕込み49号 『火入れ』

さて、3月に絞られた49号ですが、そのままでは市販される清酒の状態ではありません。


絞ったあとでもまだ完全に澄んでおらず、お酒の風味を変えてしまう成分が含まれています。お酒を絞ってしばらく置いておくと、それらが沈殿して「オリ」となります。

このオリを取り除き、さらに濾過することで、清酒の品質が変わりにくくすることができます。




その後、この機械「プレートヒーター」を使って「火入れ」を行います。これは、殺菌とお酒の中に残っている酵素の働きを止めるのが目的です。1時間に4000ℓ、火入れは行われます。温度は65〜67℃です。





そしてこちらは火入れされたお酒が入ったタンクです。サーマルタンクというもので、タンクが二重構造になっており、外側に冷水が流れて常に中の酒を冷やしておくことができます。


そのまま、温度の低い状態で瓶に詰まるまで熟成させます。


これで49号は清酒としての工程をすべて終え、静かに商品になるのを待つことになります。49号を見守って下さった皆様には、長い間お付き合い頂きました。本当にありがとうございます。




浜千鳥@志田
コメント