商品カテゴリーで選ぶ
ジャンル・グループで選ぶ
浜千鳥のご案内

田んぼの様子2010#出穂

先日、大槌町にある“吟ぎんが”の田んぼへ苗の様子を見に行ってきました。

5月に田植えをした田んぼの苗はグングンと生長し、草丈は80〜90センチまで伸びています。




ここ数日で茎の間から穂が出て、小さな小さな稲の花が咲いていました。




大槌酒米研究会の佐々木重吾さんにお話をお伺いしたところ、田植え後から梅雨前までは寒い日が続いて平年より10日程の遅れがあったそうですが、7月からの好天で回復して順調に生育しているようです。

このまま、天候に恵まれて収穫されるのを期待しております。



地域のお米で“夢”が始まりました。
大槌町産“吟ぎんが”使用
「ゆめほなみ 本醸造」

 



奥村@浜千鳥

田んぼの様子2010#代掻き

5月27日に田んぼの様子を見に行ってきました。

この日は小雨が降る肌寒い天気で、道路の気温表示は8℃となっていました。

5月下旬とは思えない寒さです。




田植え体験会をする予定の田んぼです。

まだ代掻きはしていませんでしたが、2面の田んぼを田植えする予定です。

山腹沿いに雲がどんよりと覆いかぶさっていました。

当日は晴れて田植え日和となってほしいものです。





他の田んぼで代掻きをしていた重吾さんです。

今年は雨の多さと寒さで作業が遅れていると困っていました。

通常、代掻きは用水から水を引いて代掻きをするのですが、この田んぼは水を引かずに雨水で代掻きをしていました。

それだけ、今年は雨が多いということです。

去年の今頃には田植えは終わっていたそうなので、今年は冷夏にならないか心配です。



さて、29日には来場者用駐車場の草刈りをスタッフで行なう予定です。

みなさんに気持ち良くお越し頂けたらと思います。

なお、当日いらっしゃる方は、『ここでつくり、ここで食べる』看板を目印にお越し下さい。

スタッフも近辺に立っております。

大槌町の天気予報(yahoo!天気情報)
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/3/3320/3461/0281131.html

「ゆめほなみ」
地元・大槌町産の岩手オリジナル酒米“吟ぎんが”を使用しております。


浜千鳥@奥村

田植え体験会 打ち合わせ

 17日の夕方に、毎年「田植え体験会」「稲刈り体験会」でお世話になっている大槌町の「波工房」の皆様と、5月30日に行う「田植え体験会」の打ち合わせをしました。

前日の会場準備や、機材、当日のスケジュールなど細かく話し合ってきました。
昨年の体験会終了時に参加者の皆様にお願いしたアンケートの結果も参考にしながら、今年も参加者の方が楽しく、安全に田植えを体験できるように、浜千鳥と波工房さんで力を合わせて体験会を盛り上げます。

「酒造り体験塾」は毎年恒例となっているイベントですが、「去年よりもっと良い体験会に」という想いで取り組んでいます。


(案内チラシ pdf形式271kb)

こちらの記事でも詳しいご案内がございますので是非ご参照下さい。
「5月30日(日)開催 田植え体験会のご案内」

尚、参加人数が定員になり次第、締切とさせて頂きますので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。お申し込みをされる場合はお早めにご連絡下さい。


浜千鳥@志田

2010年 田んぼの様子 〜苗〜

今日の釜石は午後から雨がちらつく、ぐずついた天気となりました。





そんな中、大槌町の佐々木重吾さんのところへ、先月種蒔きをした“吟ぎんが”の苗の様子を見に行ってきました。




苗は10センチほどに生長し、葉の数は3~4枚といったところです。


若々しい緑の葉が伸びており、順調に生長しています。


今年の田植え体験会は5月30日(日)を予定しております。


詳細につきましては、後日お知らせ致しますのでお待ち下さい。



浜千鳥@奥村

大槌酒米研究会総会

 2月19日(金)に大槌町の上亰地区で大槌酒米研究会の総会が開かれ参加して来ました。


平成15年から大槌町での酒米の栽培が始まり、翌年研究会が発足し今年で6年目となります。


会員数は3名から5名に増え、今年は新たに2人の新会員が加わって、より多くの"吟ぎんが"の収穫が期待出来ます。





総会では県からの支援事業を受けるにあたって、会の規約を変更することや、今後の計画について話し合われました。


まだ作付け面積は決まっておりませんが、地元のお米での地酒造りを進められるよう、研究会の方々と一緒に頑張って行きたいと思います。



浜千鳥@奥村

草刈り

今日は日曜日に行なわれる稲刈り体験会の準備のため、田んぼ周辺の草刈りをしてきました。




稲穂はすっかり首を垂れ、稲刈りの時期となっています。





草刈りはみなさんがご飯を食べる畦や、稲架掛け周辺をしました。





明日は残りの草刈りと稲架掛けの結い直しがあります。
週末に天気が崩れるようなので、早いうちに準備を終わらせたいです。



浜千鳥@奥村

田んぼの様子#2“稲の花”

お盆が明けた月曜日の釜石は帰省の人々が土日で戻り、賑やかさがだいぶ落ち着きました。




晴れて天気の良い週末でしたが、今日はどんよりと雲がかかってむしばむ暑さも一段落です。




そんな中、先週の金曜日に体験会で田植えをした大槌町の“吟ぎんが”の様子を見に行って来ました。




続きを読む >>

田んぼのようす#1“中干し”

先日、大槌町の佐々木重吾さんの田んぼへ、5月31日に田植えをした“吟ぎんが”の様子を見に行って来ました。



私は田植え体験会の時は東広島に行っていたので、今年初の田んぼです。



重吾さんへのお土産は、広島銘菓のもみじまんじゅうです。



苗がまばらになっている箇所はありましたが、今のところの天候は良好で、苗の状態もすこぶる良いです。



この日の田んぼは水が抜かれ、中干しされていました。


苗の生育に欠かせない工程です。



浜千鳥@奥村

草刈

5/31に行われる「田植え体験会」のために、今日は午後から駐車場となる場所の草刈をしました。




こういった草刈機を使うのは初めてなので、こわごわ始めたのですが、慣れてくるとばっさばっさと草がなぎ倒されていくのが爽快でした。


  

広々とした駐車スペースが確保できました。

あとは当日の天気が良いことを祈るばかりです。


浜千鳥@志田

つつじ

昨日、大槌を回っていたらよく目についたのが「つつじ」です。
調べてみると、大槌の町の花は「新山つつじ」でした。




とても綺麗な赤い花が満開で、今は第二の「花見」の時期なのだなぁと思いました。


 

ちなみに、この藤とつつじが一緒に咲いている場所の入口には「熊に注意」の看板が。花に見とれていたら襲われてしまうかも…とドキドキスリルも味わえます。


浜千鳥@志田